SSブログ

2024年5月中旬の奥日光探鳥 ~その3~ [探鳥]

4月中旬頃から、家の近所でイソヒヨドリの囀りが毎朝聞こえるように
なりました。都市部に進出している代表格の鳥ではありますが、単独で
生息しているせいか、ムクドリのように数が顕著に増加している鳥、
という認識はありません。

奥日光探鳥の続きを掲載します。
16時過ぎにビジターセンター付近で探鳥していると、コガラが虻のような
大きな虫を咥えているのを発見しました。

20240519a.JPG

そして食事を始めます。

20240519b.JPG

コガラにしては大きな獲物かと思いますが、この太い嘴は虫の肉体を
千切る力も兼ね備えているのですね。

20240519c.JPG

どんどん食事は進み、虻の脚も食べています・・・。

20240519d.JPG

繁殖に向けてなのか、しっかり動物性たんぱく質を蓄えているんですね。

20240519e.JPG

此方ではヒガラも虫の体の一部のようなものを食べていました。

20240519f.JPG

可愛らしいカラ類も逞しく生きているのですね。

20240519g.JPG

この日の探鳥は16時半前に終了。10キロ程歩いた探鳥となりました。
名湯に浸かりビールを呑んで夕食を食べたら早々にバタンキュー。

翌朝は鳥の囀りと共に4時に目が覚めました。
5時過ぎに早朝探鳥に出掛けると、宿の傍の木にとまるニュウナイスズメの
雄を発見。

20240519h.JPG

源泉付近ではマガモの番が見られます。毎年此処で繁殖しているので
今年も来月中旬頃になると可愛い雛と出会えるかもしれません。

20240519i.JPG

既に旅立ったと思っていたコガモもぬくぬくしていました・・・。

20240519j.JPG

湯ノ湖では未だスズガモの姿も見られます。

20240519k.JPG

すぐ傍から、ゲコゲコとカエルのような声が聞こえてきました。

20240519l.JPG

ルリビタキの雌です。どうやら複数で行動しているようですが・・・。

20240519m.JPG

雄も居ました!どうやら此処でお相手を見つけ営巣に入るようです。
以前も湯ノ湖畔でルリビタキを観察したことはありましたが、その時は
雌個体のみだったので、今回は雌雄見られて嬉しかったです。^^

昨日に引き続き、ヒガラが忙しそうに動き回っていました。番で行動して
いたので間も無く営巣に入るのでしょうね。

20240519n.JPG

石楠花も咲き始めています。

20240519o.JPG

何か黒い影が湖側の斜面で動きました。

20240519p.JPG

コルリ雄です!

20240519r.JPG

数年前に湖畔で鳴いているところを撮影したことがありましたが、まだ囀る
前の個体を撮影するのは初めてのこと。

20240519t.JPG

ちょこちょこ動いては尾羽を立てていたので、もしかすると他の雄と縄張り
争いをしていたのかもしれません。

20240519tt.JPG

ルリビタキにコルリと、青い鳥を立て続けに観察できた嬉しい早朝
探鳥となりました。もう少し探鳥を続けましょう。
(その4へつづく)

nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 14

Mitch

東京に見切りをつけて姿を消していたルリビタキ、こちらに
来ていたんですね。
奥日光にも温暖化の波が押し寄せてきているのでしょうか?
by Mitch (2024-05-20 17:14) 

ramblin

 我が家の付近ではイソヒヨドリが地鳴きをするように
なりました。そろそろ営巣が最終段階になっていると
思います。
 コルリですか。良い出会いが有りましたね。
コルリは潜行気質が強いのでコマドリ以上に
見つけ辛いです。
 
by ramblin (2024-05-20 20:34) 

風神

イソヒヨドリは、もはやどこにでも居ますが、いつも見るのは単独行動ですね。近くで営巣もしますが、めったに番を一緒に見ないです。
奥日光では、カモ類が居るのに驚きます。繫殖するのも居るんですね。
青い鳥を立て続けに見れて、朝から嬉しいひとときですね。
by 風神 (2024-05-20 21:44) 

mitsu

自分の頭くらい大きい虫ですね^^;
コガラさん、栄養が行き届いているような
個体に見えますね^^
ルリからコルリ〜素晴らしいです!
by mitsu (2024-05-21 06:56) 

queso

Mitch様、
ルリビタキは漂鳥で、夏は標高1,500メートル付近で繁殖し、
冬は里山や都市公園に降りてくるようです。
湯ノ湖は標高1,478メートルに位置しているので、この付近で
来月末に幼鳥を観察できるかもしれません。
by queso (2024-05-21 15:28) 

queso

ramblin様、
イソヒヨドリの地鳴きは聞いたことがありません。
其方でも営巣しているのですね。可愛い幼鳥との出会いも
期待したいですね。^^
コルリは数年前にも湯ノ湖畔で囀っているところを撮影した
ことがあります。まだ囀る前の個体を観察したのは初めて
だったので嬉しかったです。
by queso (2024-05-21 15:35) 

queso

風神様、
仰る通り、イソヒヨドリは都心でも見られる野鳥となりました。
繁殖期以外は単独でいることが多いからか数が極端に増えている
という印象はありません。
奥日光では、マガモとオシドリが毎年営巣しています。テンや
キツネも生息しているので子育てには厳しい環境かと思います。

by queso (2024-05-21 15:56) 

queso

mitsu様、
私もコガラがこんなに大きな虫を捕食するとは驚きました。
これから繁殖に向けての栄養補給なのでしょうね。
艶々した嘴が逞しさと栄養状態の良さを物語っているように
見えますね。ルリビタキにコルリと嬉しい出会いとなりました

by queso (2024-05-21 15:58) 

RockyBird

こんばんは。
奥日光ではカラ類がこれから繁殖に入るのでしょうか。
まさかのコルリやルリビタキの♂♀が見られてよかったですね。
今回の早朝探鳥の大収穫でしたね。


by RockyBird (2024-05-22 21:29) 

queso

Rocky様、
湯ノ湖畔では石楠花最盛期の頃、コルリの鳴き声は頻繁に
聞くことが出来るのですが、鳴く前にこうして姿を目撃したのは
初めてだったので、とても嬉しかったです。^^
ルリビタキも雌雄揃って観察できたのは収穫でした。
by queso (2024-05-23 08:13) 

ちぐさ

コ・・・コルリちゃん!!羨ましいぃ~。
あの子達、探しても大抵見つからないのに。
すごい、こんなに愛想よい子もいるのですね。
この季節最高ですね(^^)かわいいな~。
やはり到着してすぐの子達は、割と下の方にいるものなのでしょうかね。この時期を逃すとなかなか見られなくなるような。
ルリビさん達も湯の湖はこの時期限定ですものね~。奥日光にお出かけのタイミングがバッチリでしたね(^^)
シャクナゲも咲いて、収穫多かったようで、良かったですね(^^)
いいなぁ~。
by ちぐさ (2024-05-24 17:54) 

queso

ちぐさ様、
数年前に、湯ノ湖畔で囀るコルリを撮影したことがあったのですが
今回はそれ以来の嬉しい出会いとなりました。
まだ囀る前に、チョロチョロしていた雄個体、此方をじっと見入る
ような視線が印象的でした。
ルリビタキ雄も、以前は光徳牧場で観察できたのですが最近は
サッパリです。やはり放牧していないと虫も少ないので、結果
野鳥も少なくなってしまうのでしょうね。

今回は晴れの週末でしたが、GW明けとあってか釣り人も意外に
少なく、修学旅行生との出会いも無く、静かな奥日光でした。
次はトケン類に会いに出掛けたいものです。^^
by queso (2024-05-25 16:17) 

takapy77

コルリ、ルリビタキいいですね。
コルリは、囀りは聞こえても、なかなか撮れない鳥です。
当地でも、コルリとルリビタキを同日に見た事があります
けど、今は無理かな。
by takapy77 (2024-05-26 20:28) 

queso

takapy様、
仰る通りコルリは囀りはすぐ近くで聞こえても、撮影するのは
なかなか難しいですよね。
其方でもコルリとルリビタキを同じ日に観察されたことが
あるのですね。私も何十回と此の地を訪れていますが、初めて
同日に青い鳥を2種観察することが出来ました。
by queso (2024-05-27 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。